Vゲージシステム


Vゲージについて

1ブロック300。キャラによって違うが、かりんは2ブロックで、満タンになるまで計600。
Vゲージを溜める方法は以下。
・相手の攻撃をくらう(ガード)する
・Vスキルをヒット(ガード)させる
・クラッシュカウンターをとる

Vゲージ増加量

体力400減少=Vゲージ600(満タン)となる
体力1=ゲージ1.5
ゲージ1=体力約0.66

明王拳
通常版60 タメ時100
ガード時は50%(通常版30、最大タメ50)
ダメージ等と同じく補正を受ける。
カウンターで×1.2、コンボ中はコンボ補正と同じ減少率。
空振りではたまらない。

強K・屈強Pクラッシュカウンター 150(4回ヒットで満タン)

屈強Kクラッシュカウンター 100(6回ヒットで満タン)

Vスキル:明王拳

中P+中Kの同時押し。
発生14/持続5/硬直17/全体35。威力60・スタン100、ヒットでダウン、ガードで-5。
拳の先端は、相手の飛び道具をうちけせる。ただ発生前だとつぶされる。
中P+中Kを押しっぱなしにすることにより、威力やスタン値が増加し、
発生21/持続5/硬直18/全体43。威力80・スタン150で、ヒットでダウン、ガードで-1.
明王拳をヒットやガードさせても、VゲージはたまるがEXゲージはたまらない。

通常技キャンセルVスキルといった事はできない。
Vスキル自身はVトリガーでキャンセル可能。
キャンセルはヒット時だけでなく、相手の飛び道具を打ち消した時にもできる。
天狐後やEX大蛇後の追撃でも使える。

現在のところの用途は、コンボ(→Vトリガー)に組み込んだり、
起き攻めで重ねたり。立ち回りの用途は研究中。
Vゲージをためるために、もっと積極的に使うべきか。

立ち強Kクラカン>明王拳で54、屈中P>立ち中P>最速天狐>明王拳で42たまる。

Vリバーサル:夜叉返し

相手の攻撃をガード中に、方向キーを相手のいる方向に入力しながら、
弱中強パンチボタン同時押し。Vゲージを1ブロック消費する、いわゆるガーキャン。
レバー3・9方向+PPPやボタンの離し入力でも出せる。

発生15、威力60、ガードで-2。
ヒット時は相手へのダメージは白ダメージ(時間によって回復可能)となり、
こちらのスタンゲージが減少する。
隙の大きな技でなければ確定しない。

どのタイミングでやるかにもよると思われるが、
その技にVリバーサルが確定するかどうかの計算式は、

15>=(持続+硬直-1)+ヒットorガード時のフレーム

ではないかと予想される。
相手のCAによっては返せる。

Vリバーサルヒット後の有利状況は、

その場+35
後ろ+40
受身なし+94

のようである。

Vトリガー:神月流 紅蓮の型

VゲージがMAXの時に、強P+強K同時押し。Vゲージを全て消費。
かりんはVトリガーを発動することにより、紅蓮拳を使えるようになる。
通常技・必殺技などの威力や性質が変化したりということは、おそらくはないと思われる。
紅蓮拳は出始めからではないが、相手の飛び道具を打ち消すこともできる。
紅蓮拳はその後に様々な派生技を出せる。
各技の性質についてはこちら→必殺技
紅蓮拳(派生)がCAで反撃される(割り込まれる)かはこちら→紅蓮派生と各キャラCA
Vトリガーでキャンセルできるのは、全ての地上通常技と明王拳。

発動時の硬直

発動時の硬直は5Fとのことで検証

硬直の検証

1.ダミーを全てガードに設定
2.ガード後の行動をVトリガー発動にする
3.ガードで五分の技(かりんなら立ち中K)をガードさせる
4.その後にすぐさま色々な技を出してテスト

色々試してみたところ、やはり発生5Fの立ち中P等まではヒットしますが、
発生6Fの屈中Kはガードされました。
全体硬直は5Fで間違いなさそう

発動時1F無敵の検証

1.ダミーを全てガードに設定
2.ガード後の行動をVトリガー発動にする
3.立ち弱K>立ち弱K>立ち中Pの連携を行い検証
4.立ち弱Kはガード+3でヒット+4、本来立ち弱K>立ち中Pはつながらない
5.ただ持続がヒットしているせいか、立ち弱K>立ち中Pが連続ヒットする
6.立ち弱Kの発生4F部分が当たらず、持続がヒットしているためだと思われる

したがって、発動時に1F無敵があるのは間違いなさそうである。

キャンセルから発動した場合は、おそらく硬直10F相当。
Vトリガーキャンセル時の有利F=(持続+硬直-1)+ヒットorガード時のF-10

Vトリガーの使い方

リュウで有名だが、Vトリガー発動時の時間停止を利用した状況確認もできる。
発動>相手が弾を撃っていることを確認>クリティカルアーツといった方法。
もちろん突進技なので、距離によってはダメだったり、一段目しか当たらなかったりする。要練習。

某氏に教えていただいたものだが、
密着有利から下がり発動→投げスカ、ジャングラ、その他確認してから反撃
といった事もできるようで。

Vトリガー発動で使える紅蓮拳派生は、リスクも大きいので
崩しでの使用は研究中。現在のところほぼコンボ用。
初段をガードされた場合、派生はほぼ相手の屈弱Pでとめられる。
紅蓮拳>紅蓮崩掌のみ通常技では割り込めないが、ガードされて-9。
距離調整やディレイなどで、相手の割り込みに対処できないか、調査必要。
春麗の場合、紅蓮拳>紅蓮殲破に、最速の屈弱Pで割り込めない。
ディレイ屈弱Pを出されるとやられる。

一応かりんが3ゲージ持っている場合は暴れ潰しとして機能するか?
紅蓮拳>紅蓮崩掌と紅蓮拳>紅蓮虚歩で相手の無敵暴れを躊躇させつつ、
紅蓮拳と紅蓮崩掌の間に割り込もうとする相手に、カウンターからのキャンセルクリティカルアーツ。
もしくはこれを警戒させつつ他の派生を狙ったりということが
できなくもないかもしれない。