基本の立ち回り


かりんの基本の立ち回り→かりん立ち回りメモ

下がる、留まる、前に出る。
前後歩き、前後ダッシュ、刹歩派生、ジャンプ。
攻める、待つ。強い技を振る。
技の選択・距離の把握・タイミングの選定。
技を当てる。歩いて当てる。ダッシュして当てる。

確定反撃が難しい技は、歩いてガード、距離ですからせて反撃、
垂直ですからせて反撃。

飛びのタイミングや距離、飛びに使う攻撃をかえる、すかし飛び、
めくり飛び、攻撃をだしていれば対空で落とされるが出さないとすかせる飛び。

転ばせたら皆平等。
立ちまわりでも起き攻めでも、通らない時はワンパになってる。
じゃんけんの駒が足りていない。
攻防の仕組みを理解していない。
攻撃のバリエーション。防御のバリエーション。
ゲージをためて戦うか、立ち回りやコンボに積極的につかっていくかの判断。

不利連携
フレーム的に不利あるいは確定していても、相手の技が届かない距離がある。
こちらの攻撃に反撃しようと行動したとしても、
後から攻撃したこちらの技が、逆に相手の技の隙にヒットしたりする。
もちろん、相手がリーチのある技を使ってきた場合は負ける。
そういった技は発生が遅めなので、キャンセル大蛇や無尽脚(これは弱攻撃でも割り込めないが)で潰す。
対春麗の場合
屈中K>屈中K
ガード-4だが、先端気味であれば相手の弱攻撃は届かず、
こちらの中足が弱攻撃の隙にヒット。
キャンセル大蛇にコパで割り込もうとする相手などに。
6中K>屈中K
これもガード-4で、近距離なら相手の立弱Kや屈弱Kなどが確定。
ただ先端気味であれば、相手の技はすかり、こちらの中足が技の隙にヒットする。

コンボ選択
人により判断は様々だが
最速天狐>弱無尽脚>EX天狐(>EX大蛇)は難易度が高く、
距離によっては入らず、その後の起き攻めの状況もあまりよくないため
封印してもいいかもしれない。

ノーゲージ
最速天狐>最速天狐
安定するならこれだけで。無理そうなら弱無尽脚。
どちらも遠目は入らないので、大蛇か明王拳に変える。

無尽脚コンボは、中足最先端の時や立ち回りでの仕込み以外は
基本使わなくて良いかもしれない。

1ゲージ
最速天狐>EX天狐
強刹歩>弱刹歩で屈中P両対応、かつ強刹歩時に位置を入れ替えられる。

EX大蛇>強無尽脚
使わなくてもいいかもしれないが、EX大蛇コンボはスタン値が高い。
画面端(近く)では、両対応起き攻めもできる。

画面端:最速天狐>最速天狐>EX烈殲破
画面端専用。その後屈中P>屈中Pで両対応重ね。
ただ高めで当てないと(最速気味にださないと)ならない。

2ゲージ
画面端:最速天狐>弱無尽脚>EX速天狐>EX烈殲破
EX天狐までは最速でつなぐ。EX烈殲破は早すぎるとカス当たりになる事も。
その後屈中P>屈中Pで両対応重ね。

3ゲージ
スト5ではダメージの最低保障があるため、基本はCAコンボで。