かりん固め・暴れ潰し連携


固めからの削りや、相手の暴れを潰せるルート。
初段を相手にガードされた場合。
中攻撃で10、強攻撃で15削れる(白ダメージ)。
屈弱Kは連打キャンセルがきかず、ヒット+2/ガード五分なので今ひとつか。
最速天狐の削りダメージは20だが、CAでキャンセルできない。

連続ガード
屈弱Pと立弱Pの連打キャンセル
立ち弱K>屈弱P
立ち弱K>弱無尽脚
立ち中P>弱無尽脚・大蛇
屈中P>弱無尽脚・大蛇

中Pからの大蛇は最速で出すと連続ガード。
遅めに出して隙間を空けることもできる。

1Fの隙間
屈弱P>屈弱P(目押し)
立ち弱P>屈弱P(目押し)
立ち弱K>立ち弱K
立ち弱K>立ち弱P

2Fの隙間
立ち弱P>立ち弱P(目押し)
屈弱P>立ち弱P(目押し)
立ち弱P>立ち弱K
屈弱P>立ち弱K
立ち弱K>屈中Por立ち中P

3Fの隙間(優先順位の関係で、中以上の攻撃で弱攻撃に勝てる)
屈弱P>立ち中P>(カウンターで立ち中Pや中足がつながる)
屈弱P>立ち中P>(カウンターで中足がつながる。立ち中Pはダメっぽい。キャラによるかも)
屈弱P>屈中P>(立ち中Pより距離が離れやすいが、ノーマルヒットでも+6、カウンター+8。)
立ち弱K>屈中K(中足カウンターで大蛇が連続ヒット)

コンボルート 初段ガード時

初段がガードされた場合。調査キャラは春麗で、ガード時後屈弱Pを出すよう設定。
天狐追撃時、最速天狐がヒットすれば弱無尽脚・大蛇・明王拳等もヒットする。
遠目で最速天狐・弱無尽脚が入らない場合も、大蛇・明王拳はヒット。

屈弱P・立弱P後

屈弱P・立弱Pはガードで+2F。

立中P(カウンター)>立中P(屈中K)>天狐(ダメージ246/スタン360)
屈中Kはダメージ-9。

屈中P(カウンター)>屈中K>明王拳(大蛇)(ダメージ223(244)/スタン360(395))
屈中Pはつながらない。

屈中P(ガード)>立中P(カウンター)~屈中K

屈中Pはガード+2F。立ち中Pが発生5Fなので、3Fの通常技でも割り込めず、
立ち中Pがカウンターヒットとなる。
ただカウンターをとっても、立ち状態ではその後に何もつながらない。
しゃがみ状態であれば、立ち中Pカウンターヒットから中足がつながる。
なお、春麗はしゃがみカウンターでもその後の中足がすかる。

したがってこの連携は、しゃがみ攻撃が通常技での最速発生の、
かりん、キャミィ、ザンギエフ、バーディー
しか有効ではないかもしれない。