天狐後追撃からのセットプレイ


一番機会が多いと思われる、最速天狐>追撃後のセットプレイ。
追撃の技によって、こちらの有利時間がかわります。
主に使うのは、最速天狐、大蛇、弱無尽脚、明王拳あたり。

運び能力

EX無尽脚>紅蓮崩掌>大蛇>最速天狐>明王拳>弱無尽脚

その後の相手との距離や有利状況は様々だが、
とりあえず相手キャラを運ぶ距離基準。
EX無尽脚の運ぶ距離は紅蓮崩掌の1.5倍。

天狐追撃後の有利フレーム

最速天狐後追撃
後ろ受身+5 受身なし+59

最速天狐 +44
弱無尽脚 +42
明王拳  +33
大蛇   +31

天狐追撃後のセットプレイ

まずはその場受身を基準に考える。
受身を取らなかった場合、特にフレーム消費を考えなくても、
相手の暴れをや遅らせグラップを潰す重ねなら慣れればいけるかも。
暴れを潰す投げ重ねは多分厳しい。

最速天狐

44/49/103。運べる。追撃の天狐を当てる位置で有利が変わるため、
安定は難しいかもしれない。

《その場》
強刹歩>前ステ>投げ
通常技で暴れられない投げ。

《両対応》
強刹歩>前ステ>屈中P
強刹歩>前ステで+2。その場と後ろ受身の両対応重ね。
そのまま投げを重ねれば、その場受身に対しての最速投げ。

中刹歩>タメ明王拳
中刹歩後は+19。その場受身と後ろ受身の両対応重ね。

《受身なし》
強刹歩>前ステ>バクステ>前J中K
フレーム的に4F詐欺になるはずだが、未検証。
ちょっと調べてみる。
もしくは強刹歩>前ステ>屈中P後、ちょっとまってから垂直ジャンプ攻撃。

弱無尽脚

42/47/101。
距離を稼げないのがネック。ただそのままCAにつなげられる。
遠目で天狐を当てた時は弱無尽脚が入らない。

《その場》
弱刹歩>前ステ>投げ
通常技で暴れられない投げ。

弱刹歩>前歩き>J攻撃
少し歩いてJ攻撃を仕掛けることで、裏表。
運が良ければ後ろ受身に詐欺飛びになったりもする。

《両対応》
弱刹歩>前ステ>屈中P
弱刹歩>前ステで+2。その場と後ろ受身の両対応重ね。

弱刹歩>タメ明王拳
+18。その場起きの3Fとあいうちでコンボにいける(ケンの弱竜巻は無理)。
後ろ受身時はガードで+2F。

《受身なし》

弱刹歩>前ステ>バクステ>前J中K
4F詐欺

弱刹歩>前ステ>屈中K>垂直J攻撃
5F詐欺

弱刹歩>前ステ>バクステ>屈弱K>弱烈殲破
弱烈殲破持続当てで+4F。

弱刹歩>前ステ>屈中P>弱刹歩>前ステ>投げ
+3F状態からの投げ。もしくは屈中P重ね。
受身を取らない場合の重ねは、おきあがりを見ながら最速で、
あるいはグラ潰しとして遅らせて重ねるというのでいいかも。

弱刹歩後は少し待ってから垂直J攻撃、
あるいは若干後ろに下がって中足や立ち強Pなども。
前ステ>前ステで+11の状態だから、ここから仕掛けるのもありか。

弱刹歩>前ステ>投げ>前ステ>屈中P>投げ
+3の状態からの投げ。屈中Pなどでも。

明王拳

33/38/92。地上ヒット時とフレームは同じ。
遠目で天狐を当てた時でも入りやすい。
屈中P>立ち中P>最速天狐>明王拳でVゲージが42たまる。

《その場》
前ステ×2>屈弱P
ダッシュ2回後は+1F。

立ち弱K>前ステ>投げ
+3F。その場受身への最速投げ。
その他屈中Pなどでも。

立ち弱P>前ステ>立ち弱K
立ち弱Kの持続あて。ヒット+6F/ガード+5F。

《両対応》

即座にJ弱KorJ中K&gt


その場受身 
J攻撃を出すタイミングによっては、めくりガードですかる事も。
一部のリバサ無敵技をすかす。
J中Kでめくりを狙えるが、表にするのは難しいかも。
自分がやった時はどうやっても両ガードになってしまった。
キャラによってはj攻撃のタイミングで表裏択にいける可能性もある。

後ろ受身  +38なので、6F詐欺、4F準詐欺となる。

立ち弱K>タメ明王拳
立ち弱K後は+19F。後ろ受身にもギリギリかさなる。
状況によってはダメかもしれないので、検証が必要。
Vゲージが無いとヒットしてもさほどリターンなし。
後ろ受身にヒットした場合は、画面端なら最速天狐>EX烈殲破が、
中央でもギリギリCAが入る。

前ステ×2>屈中P
3F通常技を持たない、
アレックス・ガイル・ザンギエフ・ダルシム・ナッシュ・バルログ
バーディー・ファン・ベガ・ラシード
に対する両対応重ね。

ケンは弱竜巻や弱昇龍にまける。

強刹歩>Vトリガー発動>屈中P
強刹歩が26F、Vトリガーの全体硬直が5Fで、+2Fの状態。
暗転中に相手の起き上がり状況を確認して、
攻めを切り替えていくこともできそう。

31

画面端:屈弱K>屈中P>屈中P
屈弱K>屈中P後は+2F。他の消費は、立ち弱P(屈弱P)>立ち中Pなど。

《受身なし》
+92

立ち弱K>前ステ>投げ>明王拳>投げor屈中P等
明王拳後は+3F。
他には前ステ>立ち中Pでも+3F。

立ち弱K>前ステ>屈中P>中刹歩>前ステ>投げor屈中P等
2回目の前ステ後は+3F

前ステ×2>立中P>垂直J攻撃
4F詐欺。

強刹歩>Vトリガー発動>バクステ>前J中K
強刹歩+Vトリガー発動+バクステ=52F。
+40Fからの前ジャンプ攻撃。

前ステ×2>屈弱P>バクステ 65  +27
立ち弱K>前ステ>バクステ>立ち弱K 65 +27
立ち弱K>前ステ>バクステ>屈中P>前ステ 85 +7
立ち弱K>前ステ>バクステ>屈中P 69 +23
立ち弱K>前ステ>バクステ>立ち弱K>弱刹歩 89 +3
立ち弱P>前ステ>立ち弱K 42

前ステ×2 32
前ステ×2>屈中P 50
立ち弱K>前ステ 30

大蛇

運べるが、その後の起き攻めが少々やりにくい。
遠目でも入り、威力やスタン値が一番高い。

中央:最速天狐>ダッシュ>EX烈殲破

12/17/71

最速天狐>弱無尽脚>EX天狐 48/53/107
最速天狐>弱無尽脚>EX天狐>EX大蛇 24/29/83
中央:最速天狐>ダッシュ>EX烈殲破
画面端:最速天狐>EX烈殲破

20/25/79 最速天狐>最速天狐>EX烈殲破は画面端でしか決まらない。

屈中P>屈中P
その場と後ろ受身への両対応重ね。

屈中P>屈中P>2F待つ>垂直J攻撃
受身を取らなかった場合の詐欺飛び。

屈中P>屈中P>立ち中P>タメ明王
受身を取らなかった場合の明王持続最終段重ね。

屈中P>屈中P>弱刹歩>前ステ>投げ
受身を取らなかった場合の最速投げ。

その他受身を取らない場合の重ねは、
両対応を意識する必要がないので適当でも大丈夫かも。

画面端:弱無尽脚>EX烈殲破

18/23/77。こちらの方が安定する・・・はずが烈殲破バグのためいまいちなものに。

タメ明王拳
両対応重ね。その場受身からの3F技とあいうち。

立弱K>立弱P>連打キャンセル>立弱P
受身への両対応重ね。

最速天狐>紅蓮拳派生後

地上ヒットと天狐後の追撃では、おそらく若干状況が異なります。
また、キャラによって違う可能性もあります。下記はチュンリー調べのもの。
その後の距離の問題もあり、良いセットプレイはなさそう。

最速天狐>紅蓮拳>紅蓮崩掌 その場+24 後ろ+29

最速天狐>紅蓮拳>紅蓮楔 その場+25 後ろ+30

最速天狐>紅蓮拳>紅蓮頂肘>紅蓮崩肘 その場+26 後ろ+31